プロFP(ファイナンシャルプランナー)による生命保険/医療保険見直しで賢い保険選びをしましょう。生命保険の選び方は、生命保険の種類も増えますます難しくなっています。従来は保険の見直しには生命保険レディーと呼ばれる訪問販売員の女性の人が家を訪ねてくる場合がありました。すぐに加入はしなくても生命保険の選び方について販売員の女性に詳しく話を聞くことも勉強になります。ただし自社の保険のことは詳しく説明してもらえますが他社との比較は難しいとも言えます。現在ではネットで中立的な対場の生命保険プロFP(ファイナンシャルプランナー)の保険見直し無料相談が一般的です♪
New Entries

生命保険を選ぶなら保険のプロFPに相談

生命保険の会社、そして種類があふれるほど多くなっている現在では、生命保険の選び方に誰もが頭を悩ませています。まずは、生命保険に何を求めて加入するかを今一度考え直さなければなりません。病気になったときの保障が欲しいという人はどれくらいの保障が必要かなどです。

生命保険に加入しようと考えている人には、いろいろな生命保険の選び方を考えたプラン表が作成してもらえます。会社ごとに違いはありますが、60歳までにどれだけの保障が必要か、また60歳を過ぎてから医療保障がどれだけ必要か、死亡金はどれくらいかを考えたモデルプラン表です。

生命保険を途中で解約することはとても損をすることになります。生命保険は続けてこそ保障が受けられるようになっていますから、今まで積み立てた掛け金はまったくといいほど返ってきません。そのため、生命保険の選び方を間違えないようじっくり検討することが大切です。

保険ファイナンシャルプランナーの一般的な生命保険の選び方に関する意見は、生命保険の掛け金はだいたい60歳か65歳までには払い込みが終わるような設定が望ましいとしています。高齢になると、年金生活になり、保険に支払う余裕がなくなるので、それまでに終身保険の払い込み完了を勧めています。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された"保険マンモス"へ今スグ!ic_pikapika.gif

60歳からの生命保険加入の掛け金について

生命保険を比較すると、若いうちに加入し60歳で払い込みを完了する掛け金の支払い方があります。60歳からの生命保険として、年金生活を考えた理想的な支払い方だと言えます。しかし、若いうちには生活に追われて加入できなかったケースも多くあります。生命保険の中には、加入年齢で保険料が決まるものもあります。

ると、郵便局によく似た農協の共済保険があります。JA共済という名前で呼ばれています。郵便局と比較してもあまり変わりはなく、終身保険もあり種類も豊富です。郵便局の簡易保険とJA共済は、保険金の支払いが他社に比べてスピーディーであると定評があります。

60歳からの生命保険を他の年齢と比較すると掛け金が高いので、全労災や国民共済のような営利目的でない保険に加入したいものです。これらの生命保険は、掛け金は加入時の年齢で生涯掛けることができます。だいたい60歳で入院した時の日額保障が5000円だとすると、毎月の掛け金は6000円少しとなります。

60歳で会社を退職し、自分の第二の人生を考える人の数は年々増えています。それに伴って、テレビCM、新聞、ラジオ、一般広告などでしきりに、60歳から生命保険を考え比較しましょう。という宣伝文句でテレビCMが流れています。けれども、60歳からの保険は驚くほどたくさんあることを知っておくべきでしょう。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された"保険マンモス"へ今スグ!ic_pikapika.gif

プルデンシャル生命保険会社の特徴について

プルデンシャル生命保険株式会社は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の保険会社です。2004年にはあおば生命保険(旧:日産生命保険)を吸収合併し、営業基盤の拡大を図っています。プルデンシャル生命保険株式会社は、あまり頻繁に名前を聞く保険会社ではないかもしれませんが、どのような特徴があるのでしょう?

さて、この生命保険会社の特徴は、生命保険の専門家であるライフプランナーが、オーダーメイドの保障を提供してくれることです。一人ひとりの状況(年収や家族構成、将来設計など)によって、どの生命保険にどの程度入るかも異なりますし、状況の変化による保険の見直しや、保険金を受け取ることにおいても、一人ひとりにあった方法があります。そんなこだわりを持つプルデンシャル生命保険ですが、その商品や評判はどうでしょうね。

プルデンシャル生命保険のおすすめ保険商品として、ドル建て保険の「リタイアメント・インカム」があります。「リタイアメント・インカム」は、「養老保険」のことですが、死亡保障をおさえているので、通常の「養老保険」と比較すると貯蓄性がかなり高くなっているようです。しかも、この保険は、解約返戻金の上昇にともなって、死亡保障も増えていくといった特徴もあります。

最後にプルデンシャル生命保険へのクチコミをみてみしょう。「ライフプランナーさんの話を聞いて目から鱗でした。もっと早く知りたかった。個人に合った保険を提案してくれて、丁寧で誠実な対応でした」。購入するかどうかは個人の判断ですが、専門家の話を聞くのは大切ですね。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された"保険マンモス"へ今スグ!ic_pikapika.gif

cms agent template0039/0040 ver1.003